旦那のb型肝炎に感染する理由と妊娠への影響の詳細

b型肝炎はウイルスによって感染する肝炎の一種です。感染経路は様々ですが、医療現場の衛生管理が徹底している現在では保菌者との過剰な接触が感染理由の多数を占めています。特に配偶者との性行為によってb型肝炎に感染するケースが多いことから、病気に関する正しい知識を持つことが大切です。

b型肝炎の症状や感染経路について学び、夫婦間の性行為や出産などを安全に行うように心がけましょう。

夫婦間のb型肝炎の感染リスクに関する詳細

b型肝炎はウイルスが体内に侵入することで感染します。従来の感染経路は注射針やメスなどの医療器具を使い回すのが原因の多数を占めていましたが、現在では衛生管理が徹底しているので医療現場で感染する危険は殆どありません。

現在の感染経路は保菌者との過剰な接触が主になっていますが、中でも夫婦間での感染が増加しています。保菌者である配偶者とのセックスを含む性行為で感染するケースが主流ですが、これは保菌者に自分がb型肝炎に感染している自覚が無いためです。

b型肝炎は感染しても大きな症状が出るまで長い日数がかかることが多いため、目立った症状が出るまでは自分が保菌者であることに気づかないことがあります。特に初期のうちは自覚症状が単なる体調不良に酷似している他、専門的な検査を行わないと病院でもウイルスを見つけるのが困難です。

夫婦間でのb型肝炎の感染リスクが高いのは性行為以外にも様々な物品を共用する機会が多いことが挙げられます。b型肝炎のウイルスは傷口や粘膜から人体に侵入します。カミソリや歯ブラシなどを共用すると感染リスクが飛躍的に増大するため、物品は夫婦それぞれ別に持つことが大切です。

特に血液にはウイルスが多量に含まれていることから、カミソリや爪切りなど肌を傷つける可能性が高い物品の共用は絶対に行ってはいけません。その一方でb型肝炎のウイルスは病気の中では感染力が弱いので、同じ部屋で過ごしたり料理を同じ食器で取り合う程度の行為では感染する危険はありません。

そのため、過度な拒絶は行わないのが保菌者である配偶者への気配りです。

旦那との性行為でb型肝炎に感染する理由と妊娠への悪影響

結婚した女性がb型肝炎を患う理由は既に感染している旦那との性行為が多数を占めます。性行為は唾液や汗、精液など様々な体液が体中に触れるので、その分だけ感染するリスクが増大します。また、夫婦のセックスは子作りを前提として行うことも多いので、ゴム製の避妊具を使わないことも多々あります。

ウイルスを遮断する効果がある避妊具を使わずにセックスを行うのはほぼ確実にb型肝炎に感染する結果を招きます。さらに妊娠することによって母体だけではなく胎児もb型肝炎の保菌者になる可能性があります。旦那が保菌者であることを知らずにセックスを行い、妊娠によって母子共にb型肝炎の保菌者になるケースも少なくないので、夫婦間の健康管理には細心の注意を払うことが大切です。

b型肝炎に感染した女性が妊娠すると高確率で胎児も感染します。母子感染は日本のb型肝炎の感染原因の上位を占め、症状も進行しやすいのが特徴です。また、母子感染によるb型肝炎は慢性型になり、症状が進むと肝臓の機能が著しく損なわれるので注意が必要です。

妊娠中のb型肝炎の治療は胎児への影響を考慮して、使用する薬剤も効き目が低い物が主流です。また、症状には個人差があるので妊娠中でも全く症状が出ないケースがあります。

乳児に対するb型肝炎の治療方法

b型肝炎の母子感染は母体だけではなく生まれた子供への治療も重要な課題です。妊娠中は胎児への治療が出来ないので、実際に治療を行うのは生まれた後になります。乳児への治療は専用のワクチンを合計3回行うのが普通です。

生まれたばかりの乳児は病気への抵抗力が殆ど無く、体内に抗体を作るためには複数回に分けてワクチンを投与する必要があるためです。b型肝炎の症状は年齢に関係無く誰にでも出てきますが、乳児の場合は目立った症状よりも先に肝臓の機能が大きく損なわれていることが多いことから成人のような治療が出来ないのも特徴の一つです。

乳児への治療は投薬の他、体調管理も重要になります。病気への抵抗力を養うためのワクチン投与は発熱や体の腫れといった症状が一時的に出ますが、乳児には非常に苦しい状態になります。乳児は体の不具合を伝えることが出来ないので、親が体の状態を常に観察して迅速に対処することが大切です。

対処を誤ると体調が大きく損なわれ、ワクチン投与の効果も得られないので正しい知識を持って臨むのが親の務めになります。

関連:b型肝炎は輸血の感染に注意

保菌者である旦那との接し方

b型肝炎に感染しないためには保菌者との過剰な接触は行わないのが最良の方法です。b型肝炎は他の伝染病と比べると感染力は弱いので日常生活を営むうえでは感染の危険は殆どありません。しかし、疲労の蓄積や病気などの理由で体が弱っていると感染するリスクは飛躍的に上昇します。

特に肌に生じた傷に保菌者の血液や唾液が触れると危険なので、よほどの事情が無い限り保菌者とは接触しないのが無難です。しかし、保菌者が結婚相手だった場合は安易に接触を避けることは困難なので細心の注意を払う必要があります。

特にセックスを含む性行為は感染リスクが高いことから、細心の注意を払うことが大切です。旦那がb型肝炎の保菌者だった場合、相手がその事実を知っているか否かで対処の方法が変わってきます。旦那に保菌者の自覚がある場合は相手の協力を得やすいので感染を避けるのも容易です。

しかし、保菌者の自覚が無い場合は相手への接し方を誤ると不仲になってしまう可能性があります。b型肝炎は体内に残留しているウイルスを完全に死滅させることは出来ないので、発症を抑える治療を一生続ける必要があります。

そのため、人によっては厄介な難病を抱えている事実に対して精神的なダメージを受けてしまうことも稀ではありません。

物品の使い回しを行わないなど、暮らしの中での様々な感染予防策は保菌者にとっては排除されている印象を抱かせてしまいます。夫婦間の意識の違いは修復不能な不仲に至る原因にもなるので、b型肝炎の正しい知識を持って接することが大切です。

b型肝炎に感染しても健やかに暮らすための心得

b型肝炎は一生をかけて治療を続ける必要がありますが、病院での治療を受けながら体調管理に気を配ることで健康な人と同様に健やかな暮らしを営むことが出来ます。妊娠中に感染した場合でも、適切な治療や体調管理によって無事に出産することが可能です。

母子感染でb型肝炎のウイルス保菌者になった乳児もワクチン接種による治療が受けられます。b型肝炎の保菌者になっても即座に重大な疾患に見舞われることは無いので、正しい知識を持ちながら体の具合を良好に保つのが健やかに暮らすための心得です。

関連リンク→アディーレ法律事務所http://www.adire-bkan.jp/