予防接種を受ける際にb型肝炎ワクチンを選ぶ重要性と健康管理

予防接種は特定の病気に対する抗体を持たせるために行う医療行為の一種で、病気によっては国が接種を推奨しています。また、任意で受ける予防接種の中には一度感染すると一生完治しない難病の物も含まれているので、健やかな暮らしを営むためには積極的に接種を受けることが大切です。

予防接種の必要性を学び、難病に悩まされない快適な生活を営むことに努めましょう。

予防接種の詳細と必要性について

予防接種とは特定の病気に対する免疫力を養う目的でワクチンを注入する医療行為です。ワクチンは対象になる病気の毒性を弱めた成分で構成されている薬剤で、予防接種は意図的に程度の軽い病気に感染させることで体内に抗体を持たせる仕組みになっています。

予め病気に対する抗体を持たせることで感染の危険性を大きく軽減出来るのが予防接種のメリットです。特に感染性が高い伝染病のまん延を未然に防ぐことが出来ることから、現在では様々な病気を対象にした予防接種が広く普及しています。

日本では幾つかの病気を対象にした予防接種が推奨されている他、完治が難しい難病に対応する予防接種を任意で受けることが出来ます。予防接種を受けることにより、後になって厄介な疾患を抱えるリスクを減らすことが出来ます。

病気を患った際の治療費は場合によっては膨大な金額に至り、生活を圧迫する事態にもなりかねません。通院に要する時間も多大なものになることから、事前の予防接種で抗体を持つのはお金と時間の節約にも繋がります。また、自身が他の人に病気をうつしてしまう保菌者になる危険性を回避出来るのも予防接種の必要性に繋がっています。

b型肝炎の予防接種を受ける時期と問題点

b型肝炎はウイルス性の肝炎の一種で、ウイルスが体内に入り込むことで感染します。b型肝炎は感染すると医学的な意味での完治には至らず、一生を通して症状を抑える治療を続ける必要に迫られる難病です。また、b型肝炎の保菌者は汗や尿、精液などの体液にウイルスが混在しているため、セックスを含む性行為を介して他者に移してしまう危険があります。

傷口や粘膜に体液が触れても感染の可能性があるため、特に医療従事者にうつしてしまうケースが多く存在します。b型肝炎も他の病気と同様に予防接種を受けることで抗体が出来るので感染を防ぐことが可能になります。b型肝炎の予防接種は乳幼児期に3回行うことで安全に抗体を持つことが出来ます。

b型肝炎の予防接種は乳幼児のころに行うのが最も効果的とされています。同じ予防接種でも成人に至ってからの実施は抗体が出来る割合が低くなってしまうことから、厄介な肝臓疾患を防ぐためには乳幼児期の予防接種が不可欠です。

現在の日本ではb型肝炎の予防接種は国が推奨する定期接種扱いされていますが、他の病気と比べてb型肝炎はワクチンの知名度が低いのが現状です。

また、定期接種は強制力が無いため、対象になる乳幼児の保護者が拒否すると接種を行うことが出来ない問題もあります。予防接種はあくまで病気に感染しないために行う医療行為なので、b型肝炎に感染してから行っても効果がありません。

そのため、早期の接種が重要になります。

b型肝炎の症状と感染の危険性の詳細

b型肝炎はウイルスが体内に入り込み、肝臓を浸食することで感染します。b型肝炎はウイルスに感染しても即座に症状が出ることは少なく、ある程度の潜伏期間を経てから発症するのが普通です。更に初期症状は倦怠感や食欲不振など、単なる体調不良に酷似していることから専門的な検査を行わないと医師でも判別が困難なのが問題です。

症状が進んで頭痛や悪寒などの症状が出ても他の病気と誤解することが多く、肝臓の病気とはっきり判別出来る黄疸などの症状が出る頃には肝臓の機能は著しく損なわれています。b型肝炎は自然治癒することは無く、放置すると症状が進んで重篤化し、遂には死亡に至ります。

万が一感染したら速やかに病院で検査を受け、病気の進行を抑える治療を受ける必要があります。b型肝炎はウイルス性の病気なので他者に感染する危険があります。他の伝染病と比べて感染力は低い部類に入りますが、それでも条件が整えば年齢や性別に関係無く誰でも感染する可能性があるので注意が必要です。

b型肝炎は空気感染はしないので、保菌者と同じ部屋で過ごすなどの行為にはなんら問題はありません。親族に保菌者がいる場合でも、日常生活を不自由無く営むことが出来ます。しかし、保菌者の体液にはウイルスが混在しているので傷口や粘膜に付着させないように気を配ることが大切です。

特に血液はウイルスの量が多いため、保菌者が出血した場合は絶対に血液に触れないように心がけます。その一方でb型肝炎のウイルスは熱に弱いので、汚染された物品は熱湯で約10分程煮沸することで殺菌することが出来ます。

乳幼児にワクチン接種を行う際の注意点

乳幼児も保菌者との接触やウイルスに汚染された医療機器の使用でb型肝炎に感染するおそれがあります。体が小さい乳幼児は感染すると病気の進行が早く、死亡率も高くなることから健やかに暮らすためには予防接種が不可欠です。

b型肝炎の予防接種は最寄りの病院で受けることが出来ますが、抗体を確実に持たせるためには乳幼児の健康状態にも配慮する必要があります。乳幼児を対象にしたb型肝炎の予防接種は3回に分けて行うので、その分だけ体への負担も大きくなります。

注射針を刺す行為は乳幼児には刺激が強いため、予防接種を行う機関と本人の体調を考慮することが大切です。また、予防接種は3回すべて受けないと抗体が出来ないので注意が必要です。予防接種の安全性については使用するワクチンの検査が徹底していることから、薬剤が汚染されている危険は殆どありません。

また、注射針は使い捨てなので医療器具を介した病気の感染リスクも低くなっています。しかし、稀に薬剤が乳幼児の体質に合わず、拒否反応が出て重大な健康被害に見舞われることもあるので注意が必要です。また、注射針をはじめとする器具類の汚染は完全に防ぐことは出来ないことから、清潔な環境の維持に努めている病院を選ぶことが乳幼児の保護者に求められる姿勢になっています。

関連:b型肝炎は輸血の感染に注意

乳幼児を対象にした衛生管理のポイント

乳幼児がb型肝炎に感染しないためには予防接種が最適ですが、毎日の暮らしの中でもウイルスに接触させないように気を配ることが大切です。

特に体質などの理由で予防接種が出来ない乳幼児の場合はわずかでも接触すると感染の危険があることから、保護者はb型肝炎の正しい知識を持つ必要があります。ウイルスは傷口や粘膜から侵入して感染するので、体に傷がある際は保菌者の体液に触れさせないようにします。

成人では殆ど危険が無いわずかな量でも乳幼児には感染の危険性があることから、衛生管理には細心の注意を払うのが保護者の務めです。