b型肝炎は輸血の感染に注意

b型肝炎は血液を介して感染します。そのため、輸血には細心の注意を払わなければなりません。特に海外に行く際は、国によってはb型肝炎に感染するリスクが非常に高まります。もし海外に行く場合は、事前に対策することが重要です。

事前に対策を行うためにも、b型肝炎の特徴と感染経路、予防方法について把握しておくようにしましょう。

b型肝炎はどのような病気か

b型肝炎とはウイルス性肝炎の一種で、b型肝炎ウイルスによって引き起こされます。b型肝炎ウイルスが体内に入り、肝臓内で繁殖すると、免疫機能がウイルスを排除するために働きかけます。この時ウイルスだけでなく、正常な細胞も攻撃してしまうため、炎症が起きてしまうのです。

b型肝炎の場合、約1か月から半年間の潜伏期間を経て、全身倦怠感・食欲不振・嘔吐・黄疸といった症状が現れます。b型肝炎の場合、症状が現れてからしばらくすると、体内で抗体が作られ、ウイルスの働きは抑えられるようになります。

ただし、成人してからb型肝炎に感染した場合、激しい炎症が起きることで急激に肝臓の機能が低下、生命機能の維持が困難になることがあります。この劇症肝炎が起きた場合は、早急に薬を投与し、b型肝炎ウイルスを抑える必要があります。

b型肝炎の場合、一度体内で抗体が作られると、その後再び炎症が起きる可能性は比較的低いとされています。ただし幼いころからb型肝炎に感染している場合、慢性肝炎・肝硬変・肝臓がんにつながる恐れがあります。また、b型肝炎は症状が現れなくなったからといって、完全にウイルスが体内から消えるわけではありません。

抗体でウイルスの活動を抑えている状態の為、免疫機能の低下などにより再発する可能性があります。

b型肝炎は血液・体液を介して感染する

肝炎ウイルスにはいくつか種類があり、それぞれ感染経路やウイルスの特徴が異なります。b型肝炎ウイルスの場合、血液・体液を介して感染します。主な感染経路としては輸血・道具の使いまわし・性行為・母子感染が挙げられます。

b型肝炎ウイルスは血液中に多く含まれています。そのため輸血・血液凝固因子・血液透析に使用する血液にb型肝炎ウイルスが含まれていると、感染する恐れがあります。また注射器・ハリ・ピアス・歯ブラシ・カミソリ等に血液が付着していると、その血液を介して感染する恐れがあります。

またb型肝炎ウイルスは非常に感染力が強く、出血後も1週間は出血した場所に留まっています。出血した場所に触れた場合も、感染する恐れがあるため注意しなければなりません。またb型肝炎ウイルスは感染力が強く、母子感染する可能性も高いです。

出産時、産道を通る際に母体・胎児に出血があった場合、その血を介して感染することがあるのです。さらにb型肝炎ウイルスは体液、特に精液に多く含まれています。そのため性行為を通じて感染する可能性が高いです。なおb型肝炎ウイルスは汗や唾液にはあまり含まれていません。

軽いキスや食器の共有では感染する確率は極めて低いとされています。b型肝炎ウイルスの場合、感染経路はある程度限られています。咳などで感染することは少ないため、感染を防ぐためには、感染経路を避けることが重要です。

日本で医療行為により感染する可能性

b型肝炎は主に血液や体液を介して感染します。注射器の針やカミソリなどは血液が付着する可能性があるため、道具を使い回しするとb型肝炎ウイルスに感染する恐れがあります。ただし日本の場合、医療行為により感染する可能性は非常に低いです。

日本では医療器具は基本的に殺菌消毒してから使用します。また注射器や針については使い捨てが基本となっています。細菌に対する対応がしっかり行われているため、感染リスクは非常に低いといえます。

日本で輸血・血液透析により感染する可能性

戦後間もなくの頃、日本で輸血・血液透析によりウイルス性肝炎に感染した方は数多くいました。その後b型肝炎の存在が明らかになり、輸血・血液透析に使われる血液は事前にb型肝炎ウイルスが含まれていないか確認してから使用するようになりました。

その結果、現在では輸血・血液透析によりb型肝炎に感染する可能性は非常に低くなりました。ただし、完全に感染確率がゼロになったわけではありません。b型肝炎ウイルスに感染したばかりでまだウイルスの量が少ない場合、検査を行ってもb型肝炎ウイルスを発見できない場合があります。

そのような方からの血液が輸血や血液透析に使われた場合、b型肝炎に感染する可能性があります。必ずしも感染しない、というわけではないので注意しましょう。

海外に行く場合は要注意

医療行為・輸血・血液透析等によりb型肝炎ウイルスに感染する可能性は、日本の場合は非常に少なくなっています。b型肝炎ウイルスに対する対策が事前に行われているからです。しかし海外の場合は違います。特に医療が未発達の国に行く場合は、b型肝炎ウイルスに感染する可能性が非常に高いため、注意しなければなりません。

海外の場合、輸血等に使われる血液にb型肝炎ウイルスが含まれているか、十分に検査していない場合があります。医療が未発達な国の場合、十分に殺菌消毒をしていない医療器具を使用したり、使い回しする可能性もあります。

また衛生環境も十分でないため、免疫機能も低下することが考えられるのです。海外でケガや病気をした場合、現地で治療を受ける可能性もあります。現地の医療環境によっては、b型肝炎に感染するリスクが非常に高いため、事前に対策をとることが重要です。

関連:旦那のb型肝炎に感染する理由と妊娠への影響の詳細

ワクチン接種を忘れずに

海外、特に医療が未発達の国に行く場合は、事前にb型肝炎ワクチンを接種することをおすすめします。

b型肝炎はワクチンを接種することで、予防することができるからです。日本の場合、b型肝炎ウイルスのワクチン接種は義務化されていません。

そのためb型肝炎ウイルスに対して抗体を持っていない人も少なくありません。抗体がない状態でb型肝炎の多い地域に行くと、感染する恐れがあります。感染を防ぐためにも、事前にワクチンを接種しておくようにしましょう。

場合によってはワクチン接種が必要な場合がある

b型肝炎ウイルスのワクチン接種は、現在日本では義務化されていません。ただしその人が置かれている環境によっては、接種が推奨されている場合があります。例えば看護師や医師等の医療職、消防・救急隊、警官等は他人の血液に触れる機会が多いため、ワクチン接種が必要です。

建築工事関係者など、外傷を負う確率の高い職業についても、輸血を受ける可能性が高いため、事前のワクチン接種が推奨されます。また腎臓病で血液透析を受ける場合も、b型肝炎ウイルスに感染するリスクがあるため、ワクチン接種が必要です。

関連:予防接種を受ける際にb型肝炎ワクチンを選ぶ重要性と健康管理